書籍詳細:新・借地借家法講座 第1巻 総論・借地編1

新・借地借家法講座 第1巻 総論・借地編1

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 5,184円(本体価格 4,800円)
在庫なし
発刊年月
1998.12
旧ISBN
4-535-05314-6
ISBN
978-4-535-05314-4
判型
A5判
ページ数
456ページ
Cコード
C3332
ジャンル

内容紹介

1991年に新借地借家法が制定されたが、今日、土地その他の不動産をめぐる社会経済状況は顕著な変動を生じつつある。法の解釈・運用も、その変動に対応することが求められており、これは焦眉の急務である。現在における借地借家法の諸問題を理論面・実務面にわたって総合的に検討した新講座。

目次

総論



1 借地借家法制の沿革/内田勝一

 はじめに

 借地借家法の変遷

 日本の借地借家法の歴史的特徴



2 日本の借地借家法制の特色とその動向/広渡清吾

 一一比較法的検討

 はじめに一一借地借家法制をめぐる配置図

 借地法制

 借家法制

 おわりに



3 借地借家法制の経済社会的分析/吉田克己

 はじめに

 市場整備的介入とその経済社会的意義

 市場規制的介入とその経済社会的意義



4 借地借家紛争の解決方策/和田仁孝

 借地借家紛争の特質

 調整型処理の意義と適合性

 借地借家紛争処理システムの構築ヘ向けて





借地編・1

1 借地関係の発生/永田眞三郎

 借地関係の発生の概要

 契約による借地関係

 法定地上権の成立による借地関係

 罹災都市借地借家臨時処理法による借地関係

 取得時効による借地関係の発生



2 借地権の対象範囲/稲葉威雄

 借地権の意昧

 建物所有の目的



3 借地契約の締結をめぐる責任/高森八四郎

 はじめに

 借地契約締結上の過失責任

 借地契約と錯誤

 借地契約と詐欺

 借地契約締結上のその他の問題

 不動産仲介業者の責任



4 借地関係と権利金/大西泰博

 はじめに

 権利金の性質論

 法の個別規定と権利金

 今後の課題一一むすびにかえて



5 普通借地権の存続期間/片山直也

 はじめに

 新法の概要

 普通借地権の法的性質

 解釈・運用上の問題点

 むすびに代えて



6 借地契約の更新拒絶における正当事由/本田純一

 はじめに

 改正法が土地利用制度に与える意味

 新法における正当事由制度の内容

 おわりに一一新法によって新規借地の供給は増大するか



7 建物の朽廃・滅失と借地権/村田博史

 借地上の建物の存在と権利存続の法理

 借地法の下での建物の滅失と朽廃

 借地借家法における建物の滅失・朽廃



8 借地契約の更新と更新料/澤野順彦

 借地契約更新規定の系譜

 旧借地法上の契約の更新

 借地借家法上の契約の更新

 更新料の今日的意義

 更新料に関する法律上・経済上の問題

 更新料の将来



9 賃料(地代)/浅香紀久雄

 はじめに

 地代の決定

 地代増減額請求

 賃料改定に関する特約

 地代の不払と借地契約の解除



10 借地条件/豊田建夫

 借地条件と借地人の用法遵守義務

 借地条件変更の裁判

 借地条件変更・増改築許可の裁判との関係



11 建物の増改築と借地権/浦野真美子

 はじめに

 借地関係における増改築

 増改築制限特約

 増改築許可の裁判の制度

 借地条件変更の裁判との関係

 増改築許可の裁判の実質的要件



12 借地権に基づく妨害排除請求権/田山輝明

 はじめに一一債権的利用権と妨害排除

 大審院判例と学説の対応

 最高裁判例

 不動産賃借権と妨害排除請求



13 借地権の対抗力/山田卓生

 はじめに

 建物保護法制定の経緯

 個別的問題

 若干の残された問題

 むすび



14 借地権の無断譲渡・転貸/原田純孝

 前提的諸問題

 戦後の判例理論(「背信行為」判例)と立法措置

 判例理論の意義と適用上の問題点



15 借地契約における特約の効力/山崎敏彦

 はじめに

 不利な特約の認定基準

 各種の特約とその効力



16 借地権の消滅/平井一雄

 目的の到達・不到達による消滅

 法定原因に基づく消滅

 転借地権の消滅



17 借地権の消滅と建物等買取請求権/伊藤 浩

 はじめに

 新法で明らかにされた点

 適用範囲

 要件

 行使

 効果