書籍詳細:臨床行動分析のABC

臨床行動分析のABC

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,564円(本体価格 3,300円)
在庫あり
発刊年月
2009.01
ISBN
978-4-535-98300-7
判型
A5判
ページ数
336ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

認知/行動療法の根幹を担う行動分析の基礎を、ABC理論にもとづいて懇切丁寧に解説。真の理解と実践のための新たなる入門書。

目次

監修者まえがき

「本を執筆する」という文脈――「日本語版へのまえがき」にかえて



イントロダクション――行動主義という土台の上に:認知/行動療法、行動的心理療法、そして機能的文脈主義



第1部 行動を記述する



第1章 問題を行動のカタチ(形態)から捉える――「問題」とは何か?

第2章 行動を観察する――いつ、どこで、どれくらい?

第3章 文脈の中で行動を捉える――ABC分析とは何か?



第2部 行動を理解する



第4章 レスポンデント条件づけ――古くて新しい原理

第5章 オペラント条件づけ(1)――4つの随伴性と消去

第6章 オペラント条件づけ(2)――刺激性制御

第7章 関係フレームづけ――行動分析からみた「言語と認知」

第8章 ABC分析を応用する――3つの原理を使いこなすには?



第3部 行動を変える



第9章 機能分析――行動の分析と優先事項

第10章 行動変容へ向けての会話――臨床的な協力関係を築くには?

第11章 3つの原理と実践をつなぐ――よりよい実践のために

第12章 実践の原則(1)――行動的コンサルテーション

第13章 実践の原則(2)――行動的心理療法



あとがき



監訳者あとがき――基本の「基・本」、ここに翻訳される!

さらに学びたい人のための推薦図書