書籍詳細:労働時間と法

労働時間と法

の画像の画像
  • 野沢 浩
  • 紙の書籍
定価:税込 3,888円(本体価格 3,600円)
在庫なし
発刊年月
1987.11
旧ISBN
4-535-57690-4
ISBN
978-4-535-57690-2
判型
A5判
ページ数
364ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

わが国の労働時間法制の歴史法則や規制主体を明らかにしながら、労働基準法改正作業のあり方や進め方、さらには混迷する労働法学の本来的任務について論究する労作。

目次

第1部 労働時間と余暇
 1 原生的怠惰から権利としての余暇へ
 2 余暇概念をめぐる問題点
 3 わが国の労働時間論・余暇論とそのイデオロギー
 4 残業強制と拒否の自由
第2部 労働時間の制度
 1 八時間労働制
 2 労働時間の立法政策(その1)
 3 労働時間の立法政策(その2)
 4 週休二日制促進の課題と移行上の問題点
第3部 労働時間の法理と判例
 1 特殊勤務形態と労働時間法の限界
 2 年次有給休暇と使用者の配慮義務
 3 労働時間の起算・終了時点
 4 西ドイツ労働時間令の「時間外労働」をめぐる法解釈
 5 労働時間をめぐる判例
第4部 労働生活の人間化と労働時間
 1 労働時間短縮とワーク・シェアリング
 2 労働生活の人間化と労働時間短縮