書籍詳細:解説・国際人権規約

解説・国際人権規約

の画像の画像
  • 宮崎 繁樹
  • 編著
  • 紙の書籍
定価:税込 3,996円(本体価格 3,700円)
在庫なし
発刊年月
1996.12
旧ISBN
4-535-51080-6
ISBN
978-4-535-51080-7
判型
A5判
ページ数
384ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

採択30周年をむかえ、人権問題解決にますます重要な役割を果たす国際人権規約の実践的活用のため、最新の条文解釈・判例等をまとめた法律家・市民必携の注釈書。国際人権擁護の第一線に立つ学者、弁護士による解説。

目次

国際人権規約の効力、解釈および留保
経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約
前文
第1部
 第1条 人民の自決権
第2部
 第2条 締約国の規約実施義務
 第3条 男女の同等の権利
 第4条 権利の制限
 第5条 解釈適用上の注意
第3部
 第6条 労働権
 第7条 公正・良好な労働条件を享受する権利
 第8条 労働基本権
 第9条 社会保障
 第10条 家族・母親・子どもの保護
 第11条 十分な生活水準、衣食住、生活条件の向上の権利
 第12条 健康権
 第13条 教育への権利
 第14条 無償の初等義務教育の実施義務
 第15条 文化への権利
市民的及び政治的権利に関する国際規約
前文
第1部
 第1条 人民の自決権
第2部
 第2条 締約国の規約実施義務
 第3条 男女の同等の権利
 第4条 緊急事態における権利の制限
 第5条 解釈適用上の注意
第3部
 第6条 生命に対する権利
 第7条 拷問または非人道的な行為の禁止
 第8条 奴隷、隷属状態および強制労働の禁止
 第9条 身体の自由と安全
 第10条 非拘禁者の取扱い
 第11条 契約上の義務不履行による拘禁の禁止
 第12条 移動の自由
 第13条 外国人の追放
 第14条 公正な裁判を受ける権利
 第15条 遡及処罰の禁止
 第16条 人として認められる権利
 第17条 プライヴァシー権
 第18条 思想、良心および宗教の自由
 第19条 表現の自由
 第20条 戦争宣伝おとび憎悪唱道の禁止
 第21条 集会の自由
 第22条 結社の自由・団結権
 第23条 家族の保護および婚姻の権利
 第24条 子どもの権利
 第25条 参政権
 第26条 法の前の平等
 第27条 種族的、宗教的または言語的少数者の権利
実施措置
 社会権規約の実施措置
 自由権規約の実施措置
 自由権規約第2選択議定書
資料
 国際人権規約の締約国
 社会権規約正文