書籍詳細:日本の狂気

日本の狂気

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,160円(本体価格 2,000円)
在庫なし
発刊年月
2007.11
ISBN
978-4-535-56235-6
判型
四六判
ページ数
248ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

オウム真理教やネット心中などで時に噴出する日常に潜む狂気。気鋭の宗教心理学者と精神科医が日本人のこころの深層を解明する。

目次

序 章 狂気とは何か



第1章 精神分析からみた日本の「わたし」

1 現代日本の危機

2 抑圧される攻撃性

3 女性性の分裂

第2章 オウム真理教、歩く屍、正常ということ

1 宗教と暴力

2 空想・投影・再生

3 正常な狂気の構造

4 屈辱・憤怒・強制

5 平凡・従順、そしてサディズム

第3章 三島由紀夫――その倒錯の起源

1 三島由紀夫の倒錯

2 性的倒錯と戦後

3 歴史の心理的底流――何が倒錯を生んだのか

4 倒錯の発生

第4章 ネット心中の深層

1 心中の陰に「もののあわれ」あり

2 シゾイド化を疾走する日本

3 自殺――自己と現実感の剥奪と奪回

4 母親/自然への復讐と殺戮

結語――ネット心中という文化的アクロバット