書籍詳細:新信託法の基礎と運用

新信託法の基礎と運用

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,644円(本体価格 4,300円)
在庫なし
発刊年月
2007.10
ISBN
978-4-535-51569-7
判型
A5判
ページ数
404ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

新信託法の基礎理論と実務上の主要論点を解説し、わが国で信託制度の潜在的ニーズに確実に応えるための課題も明らかにする。

目次

序 章 新信託法の成立と信託法学の役割/新井 誠



第1部 新信託法の意義

第1章 新信託法・信託業法の概要とそのインパクト――今後の活用における可能性/細川昭子・及川富美子

第2部 新たな信託制度の構造

第2章 信託の設定――自己信託と目的信託を中心に/勝田信篤

第3章 事業信託とセキュリティ・トラスト/勝田信篤

第4章 新信託法下における受託者の義務と受益者の権利/田中和明

第5章 信託債権の相殺/福井 修

第6章 年金信託と受託者の義務/溝端通弘・岩田雅史・芝 康彦・新井 誠

第7章 信託と信託類似制度/岸本雄次郎

第3部 信託の民事実務

第8章 高齢社会と民事信託の可能性/小林 徹

第9章 いわゆる福祉型信託のすすめ――家族のための信託/星田 寛

第10章 財産承継と信託/菊池 学

第11章 公益信託のすすめ/遠藤雅範

第4部 信託の商事実務

第12章 金融取引と信託機能/渋谷彰久

第13章 金銭債権流動化と信託/石嵜政信

第14章 不動産証券化と信託/橋谷聡一

第15章 投資信託と新信託法/関 貴志

第5部 新信託法と会計・税務

第16章 信託会計/橋上 徹

第17章 信託課税の理論と運用――事業信託を利用した租税回避の防止措置について/岩崎政明

第6部 課題と展望

終 章 新信託法の課題/木村恒弌

正誤情報

2008.06.03 errata51569-1_1.txt

正誤情報のファイル名=凡例

errata12345-m_n.txt
ファイル名の「m_n」は、その書籍の「第 m 版第 n 刷」の正誤表であるかを示しています。
PDFファイルになっている正誤情報をご覧になるには、Adobe Reader(無償)が必要です。
ソフトが必要な方はAdobe Reader公式サイトをご覧下さい。