書籍詳細:アメリカ不当労働行為審査制度の研究

アメリカ不当労働行為審査制度の研究 NLRBの審査制度の実態と課題

の画像の画像
  • 千々岩 力
  • 紙の書籍
定価:税込 8,640円(本体価格 8,000円)
在庫なし
発刊年月
1996.04
旧ISBN
4-535-51053-9
ISBN
978-4-535-51053-1
判型
A5判
ページ数
336ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

わが国不当労働行為制度の母法であるアメリカの制度・組織・機能等を明らかにすることは、労働委員会の将来展望に示唆を与えるであろう。実務と学問の橋渡しを求めて、NLRB(全国労使関係局)の窓をはじめて開く。

目次

序 章 なぜ、いまアメリカ不当労働行為審査制度の研究なのか
    ─研究の視点と各章の解題
第1章 NLRBの審査制度の概要
第2章 NLRBの審査遅延対策
第3章 NLRBの審査遅延とタ・ハ法改正案
第4章 NLRBの審問
第5章 NLRBにおける和解
第6章 仲裁による解決
第7章 NLRB審査制度の現状と問題点
第8章 AFL・CIOのNLRB批判
補論1 カリフォルニア州の農業労使関係法
補論2 NLRB職員の労働組合
補論3 労働争議の調整テクニック
補論4 オーストラリアの不当労働行為制度
補論5 NLRBの60年