書籍詳細:躁うつ病はここまでわかった

躁うつ病はここまでわかった

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,728円(本体価格 1,600円)
在庫なし
発刊年月
2007.08
ISBN
978-4-535-98273-4
判型
四六判
ページ数
216ページ
Cコード
C3047
ジャンル

内容紹介

どこからどこまでが躁うつ病なのだろうか。躁の激しさ・うつのつらさに向き合う患者と家族のための、治療と原因研究の最前線。

目次

躁うつ病の症状と診断/樋口輝彦(国立精神・神経センター武蔵病院院長)

躁うつ病の薬物療法/田島 治(杏林大学保健学部精神保健学教室教授)

躁うつ病の心理社会的治療/忽滑谷和孝(東京慈恵会医科大学医学部医学科精神医学講座講師)

躁うつ病治療の実際/岡本長久(国立精神・神経センター武蔵病院)

躁うつ病の原因はどこまでわかったか/加藤忠史

躁うつ病体験記――患者の立場から/敷島カエル

躁うつ病Q&A/加藤忠史



本書は、第13回 不安の医学 都民講演会「躁うつ病(双極性障害)はここまでわかった」をもとに、大幅に加筆修正し、新稿を加えまとめたものです。