書籍詳細:宇宙の観測(1)

現代の天文学15 宇宙の観測(1) 光・赤外天文学

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,640円(本体価格 2,400円)
在庫なし
発刊年月
2007.07
ISBN
978-4-535-60735-4
判型
A5判
ページ数
312ページ
Cコード
C3344
ジャンル

内容紹介

ガリレイの望遠鏡に始まる光・赤外線を使った天体観測は、長足の進歩を遂げ、躍動的な宇宙を見せている。その最先端を紹介する。

目次

第1章 光・赤外天文観測の歴史

1.1 望遠鏡と観測装置

1.2 スペースへの展開

第2章 天体からの光・赤外放射

2.1 連続光

2.2 スペクトル線

2.3 天文観測への地球大気の影響

第3章 光学系の基礎

3.1 ガウス光学

3.2 ザイデル収差

3.3 代表的光学系

3.4 回折限界・干渉

第4章 可視光・赤外線観測

4.1 撮像と測光

4.2 分光

4.3 偏光

第5章 地上望遠鏡とスペース望遠鏡

5.1 地上望遠鏡

5.2 上空からの天体観測

5.3 スペース望遠鏡

5.4 関連共通技術

第6章 検出器と光学素子

6.1 可視光・赤外線検出器

6.2 フィルター

6.3 プリズム

6.4 回折格子

6.5 グリズム

6.6 偏光素子

6.7 光ファイバー

6.8 イメージスライサーとマイクロレンズアレイ

6.9 光源

6.10 光学素子の精度、光学仕様

第7章 観測装置

7.1 真空冷却関連技術

7.2 天体観測装置

7.3 補償光学と位相補償

7.4 光干渉計

第8章 観測データの解析

8.1 天文観測データ

8.2 観測手法と一次処理

8.3 物理量の測定

8.4 分光データの評価と物理量測定

第9章 データベース天文学

9.1 はじめに

9.2 天文データベースの現状と将来

9.3 バーチャル天文台