書籍詳細:民事訴訟法がわかる[第2版]

民事訴訟法がわかる[第2版] 初学者からプロまで

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,190円(本体価格 2,900円)
在庫僅少
発刊年月
2007.04
ISBN
978-4-535-51576-5
判型
A5判
ページ数
424ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

記述の明快さと実践的な解説で、多くの読者の支持を得た旧版を、2004年の民事訴訟法改正をふまえて改訂。

目次

一風変わった入門講座――刑訴法との比較学習法

第1部 論点で民事訴訟法がわかる

第1講 民事訴訟の目的、非訟との区別

第2講 裁判外紛争処理、民事審判権の限界

第3章 訴訟の3類型、訴状の記載事項

第4講 訴訟物と争点

第5講 一部請求と訴訟費用

第6講 当事者能力と当事者適格

第7講 訴えの提起

第8講 弁論主義

第9講 争点整理手続

第10講 攻撃防御方法の提出

第11講 準備書面と集中証拠調べ

第12講 証拠収集手続の拡充

第13講 公文書の提出と証明責任・自由心証

第14講 判決以外の訴訟終了方式

第15講 判決とその性質

第16講 判決の効力

第17講 訴えの併合・追加

第18講 通常共同訴訟と必要的共同訴訟

第19講 独立当事者参加と補助参加

第20講 上訴

第21講 少額訴訟、督促手続

第2部 民事訴訟法の課題と展望

第22講 現行民事訴訟法の特徴と審理構造

第23講 現代型紛争への対応

第24講 民事訴訟の国際化

第25講 証拠収集を中心とした再改正と今後の民事訴訟法の動き

チャレンジ・コーナー――過去18年間の司法試験問題に挑戦