書籍詳細:人権の変遷

人権の変遷

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,860円(本体価格 4,500円)
在庫なし
発刊年月
2007.03
ISBN
978-4-535-51572-7
判型
A5判
ページ数
208ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

人権理論の基底にみられる、人権概念の把握について、史的側面も踏まえて考察する。学界報告や既発表論文に、書き下ろしを加える。

目次

第1編 近代的人権概念の批判

第1章 人権の抑圧仮説

第2章 政治的市民の近代的人権概念批判

第3章 市民社会における近代的人権概念批判

第4章 野蛮化する人権

第5章 市民権の要求と人権理論の再構築の可能性:安全を奪われる人々と人権

補 遺 人権と人道:ハンセン病問題を素材に

第2編 近代の人権・市民・国民

第1章 1789年フランス人権宣言:国民の権利宣言

第2章 シエースの市民の概念

第3章 エスマンの国民代表概念

第4章 カレ・ド・マルベールの法的国家論における国民

第5章 代表制の危機