書籍詳細:これでアメリカのビジネス法務の実際がわかる

これでアメリカのビジネス法務の実際がわかる アメリカ法律ノート

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 2,376円(本体価格 2,200円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫なし
発刊年月
2007.03
ISBN
978-4-535-51542-0
判型
A5判
ページ数
224ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

在米20年のベテラン弁護士が、アメリカでビジネス活動をしようとする人や、法曹志望者のために、必須の基礎法律知識を提供する。

目次

Part1 法人の設立

●法人設立に際して

 法人設立の前提として持っていたい視点

 LLC(有限責任事業組合)を使ってビジネスをはじめる

 法人設立に関して考えておくべきポイント

Part2 ビジネスの提携・共同形態

●ビジネスの提携・共同形態を考える

 パートナーシップについて

 ジョイントベンチャー

Part3 会社の経営

●アメリカで設立した会社の経営

 貸主責任(Lender Liability)について

 企業の経営者の責任

 ビジネス・ファイナンシングの基礎

 ビジネスプランについての法的視点

 コンプライアンス一般論

 未上場会社の株の購入

Part4 ビジネスにおける取引

●ビジネスにおける取引の様々な場面

 契約を読むときに

 契約の当事者

 契約内容の変更

 約因というコンセプトについて

 契約不履行と弁護士費用

 機密保持契約について

 製造物責任について

 チェック(小切手)

 輸入に関する法律(食品の例)

Part5 非営利法人

●非営利法人について

 カリフォルニア州法上の設立

 非営利の定義

 非営利団体の種類

 非営利団体の設立の流れ

 非営利法人の運営上の注意点

Part6 知的財産権

●知的財産権概説

 知的財産の区分

 知的財産権の違いについて

 特許

 著作権

 商標(トレードマーク)

 営業機密(Trade Secret)について

Part7 雇用法

●雇用に関わる問題点

 採用面接について

 ADAについて

 雇用の際のバックグラウンドチェック

 セクシュアル・ハラスメント概説

 敵対的職場環境(ホスタイル・エンバイロメント)

 差別について

 解雇

 有給休暇

 勤務時間外労働(オーバータイム)

 健康保険

 被用者とインデペンデント・コントラクター

 源泉徴収

 待機時間

 雇用契約書の解除

Part8 不動産

●不動産関連

 コマーシャル・リース

 賃貸借の中途契約――住居用の賃貸借契約の場合

 賃貸借の中途解除――商業用の賃貸者の場合

 賃貸借に関する問題――転貸借(又貸し)

 不動産の所有形態

Part9 インターネット

●インターネット関連

 インターネットとプライバシー

 ウェブサイトの管理について

 インターネットと著作権

 インターネット売買

 電子署名について

 消費税

Part10 環境法

●環境法関連

 土地所有と無過失責任

Part11 破産・倒産

●破産・倒産(個人破産のケースを中心に)

 破産・倒産の基礎

 新破産法(2005年)

 会社の運営と破産・倒産

 倒産と未払い給与について

 不正会計問題の遺したもの(サーベンス・オクスリー法について)

Part12 貿易

●関税その他の貿易に関する法律

 関税とは

 関税がかかる品目の区分けについて

 関税率

 関税以外の貿易制限とは

 アンチ・ダンピング(ANTI-DUMPING)

 輸出入の管理をする米国政府機関について

Part13 反トラスト法

●反トラスト法(アンチ・トラスト法)

 アンチ・トラスト法の誕生

 反トラスト法と政府ガイドライン

 反トラスト法の種類

 反トラスト法違反があった場合の刑事罰

 反トラスト行為違反における民事的側面

 反トラスト行為はどのようなものか

 合併に関する反トラスト法の適用

 抱き合わせの合意と反トラスト法の適用について

参考リンク

電子書籍(Amazon Kindle版)はこちら

http://www.amazon.co.jp/dp/B0088TNMLO/

本書には電子書籍(Amazon Kindle版)があります。