書籍詳細:財産権の領分

シリーズ:現代憲法理論叢書

財産権の領分 経済的自由の憲法理論

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,860円(本体価格 4,500円)
在庫なし
発刊年月
2007.03
ISBN
978-4-535-51554-3
判型
A5判
ページ数
240ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

憲法学の立場から規制緩和を批判する。経済的自由権の本質をとらえて、国家・市民社会の中でのその領分を明らかにし、憲法学の課題への問題提起を行う。

目次

序 章 社会経済構造の改革は憲法学の主題たりうるか

第1章 日本国憲法と社会経済構造の改革

第2章 改憲構想における生存権と社会保障

第3章 日本国憲法と「市場主義」の権利論

第4章 「リベラリズム憲法学」の行方――国家の中立性をめぐる同質の説明と異質な帰結

第5章 アメリカ合衆国における財産権概念の「変容」

第6章 カナダ憲法における財産権条項の欠如

第7章 財産権の領分――市場の暴走を抑制する日本国憲法のメカニズム