書籍詳細:数学のたのしみ 2007冬

数学のたのしみ 2007冬 フォーラム=不動点定理とは何だろう?

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,700円(本体価格 2,500円)
在庫僅少
発刊年月
2007.02
ISBN
978-4-535-60321-9
判型
B5変型判
ページ数
162ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

数学のあちこちに顔を出す《不動点定理》をめぐって、その意味や考え方、広がりの諸相などを分かりやすく解説する意欲的特集。

目次

フォーラム:現代数学のひろがり=不動点定理とは何だろう?

 不動点定理とは?/砂田利一
 トポロジーにおける不動点定理/松本幸夫
 微分方程式における不動点定理/俣野 博
 関数解析における不動点定理/伊藤雄二
 経済学における不動点定理/西村和雄

現代数学の土壌:熱方程式と確率論/小倉幸雄
研究風信:作用素環の研究/泉 昌己
重要な定理と概念:線形写像/砂田利一
高校生のための数学セミナー:基底とその応用(下)/新井仁之
数学まなびはじめ/三松佳彦