書籍詳細:カウンセリングの条件

カウンセリングの条件 クライアント中心療法の立場から

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,484円(本体価格 2,300円)
在庫なし
発刊年月
2007.01
ISBN
978-4-535-56240-0
判型
A5判
ページ数
288ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

治療者-クライアント間に横たわる受容・共感・支持・洞察などカウンセリングの基本要件や、「治療者のありよう」を見つめ直す。

目次

第1部 理論―ロジャーズを読む―

『カウンセリングと心理療法』(1942年)を読む

精神分析批判の3つの意義

「治療的人格変化の必要十分条件」(1957年)を読む

カウンセリングの条件―純粋性・受容・共感をめぐって

「援助的関係の特徴」(1958年)を読む

カウンセラーの資質と適性

「コミュニケーションの意味」(1964年)を読む

子どもの話を聴ける親・教師

「転移」(1987年)を読む

Rogers, C. R. 晩年の転移論

第2部 実践―事例を読む―

統合失調症青年の事例―Mr. Vac

統合失調症とクライアント中心療法

―ウィスコンシン・プロジェクトとプリセラピー

佐治守夫『ゆう子のケース』を読む

パーソン中心療法から見た境界性人格障害

第3部 トポス―カウンセリングと心理療法の諸相―

支持的精神療法とロジャーズ

カウンセリングの目標と終結

カウンセリングと心理療法における情動

―精神分析とクライアント中心療法の場合

遊ぶことと心理療法

―アクスライン、ウィニコット、ベイトソン