書籍詳細:担保制度の現代的展開

担保制度の現代的展開 伊藤進先生古稀記念論文集

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 9,720円(本体価格 9,000円)
在庫なし
発刊年月
2006.12
旧ISBN
4-535-51455-0
ISBN
978-4-535-51455-3
判型
A5判
ページ数
420ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

変容著しい担保法分野における焦眉の問題に光をあて、理論および実務の両面にわたって現今の動向を分析し、今後の課題を追及する。

目次

巻頭言 伊藤進教授のこと/椿 寿夫

第1部 抵当権・法定担保権の現代的展開

担保不動産収益執行制度――物上代位との関係/生熊長幸

抵当権消滅請求制度/織田博子

個別執行と留置権――抵当権との衝突事例をめぐって/田高寛貴

労働債権と先取特権/田山輝明

動産売買先取特権の現状と課題/荒木新五

不動産工事の先取特権――アメリカ合衆国における統一建設リーエン法の検討/執行秀幸

第2部 人的担保・包括担保の現代的展開

保証類型論――「機関信用保証」の学説における位置づけを中心として/三林 宏

保証制度の改正が保証協会実務に与える影響/吉田光碩

経営指導念書――その法的効力/平野裕之

集合債権論/堀 龍兒

第3部 担保関係の現代的展開

ABL等に見る動産・債権担保の展開と課題――新しい担保概念の認知に向けて/池田真朗

担保的予約/藤田寿夫

一括支払システム――その発展と効力/鳥谷部 茂

多数当事者間相殺契約の効力/中舎寛樹

賃貸住宅の修繕・補修費用の負担と敷金特約・敷引特約──賃貸借契約の本質的債務関係から見た特約条項の効力/ 千葉恵美子

民事再生手続と実体担保制度/河野玄逸