書籍詳細:法の科学 第37号

法の科学 第37号 新しい公共圏と民主主義法学の課題

の画像の画像
  • 民主主義科学者協会法律部会
  • 紙の書籍
定価:税込 2,700円(本体価格 2,500円)
在庫なし
発刊年月
2006.11
旧ISBN
4-535-05037-6
ISBN
978-4-535-05037-2
判型
A5判
ページ数
224ページ
Cコード
C3332
ジャンル

内容紹介

福祉国家の解体、市場主義の全面化に対して連帯と協調を形成する市民の活動が「新しい公共圏」である。各法分野から横断的に分析。

目次

特集=新しい公共圏と民主主義法学の課題

巻頭言 民主主義法学の課題と実践への提言…新垣 進

シンポジウム=新しい公共圏と民主主義法学の課題
新しい公共圏と民主主義法学の課題…楜澤能生
多国籍企業に対する国際的制御の歴史的展開…板倉美奈子
「新しい公共圏」と私法理論…吉村良一
「新しい」公共圏と市民的秩序の形成…斉藤豊治
グローバル化の時代における国家と市民社会の変容…広渡清吾

特別報告:財政学の分野での福祉国家論…神野直彦

コロキウム1=日本社会の変容と現代改憲問題
改憲動向と憲法運動の課題…三輪 隆
自衛力論をめぐる憲法解釈と憲法改正…浦田一郎
新自由主義的労働政策における規範的隘路…岩佐卓也

コロキウム2=親密圏と公共圏
親密圏と公共圏…三成美保
新しい公共圏における抑圧構造…笹沼朋子
家族が担う「公」と「私」…中里見博

ミニ・シンポジウム1=消費者契約の法についての検討
消費者契約は実務にどのような影響を与えているか…野々山宏
規制緩和的消費者行政・立法の批判的検討…近藤充代

ミニ・シンポジウム2=NPO法と社会運動
NPOの発展と新しい公共圏…佐藤岩夫
自治体における「新しい公共」をめぐるNPOの現状と課題…松井真理子

ミニ・シンポジウム3=ビラ入れ・政治活動の自由と刑事規制
ビラ入れ・政治活動の自由と刑事規制…松宮孝明
反戦ビラ入れ刑事裁判と公共圏…成澤孝人
ポスティング刑事規制の刑法解釈論上の問題点…安達光治

ミニ・シンポジウム4=戦後60年と戦後補償訴訟の現在
企画趣旨および民法学の視点から…松本克美
中国人戦後補償裁判の全体状況と今後の課題…大江京子
行政法学の視点から…岡田正則
日本の「戦後補償裁判」と国際法…五十嵐正博

海外動向:イタリア司法組織法改悪と司法官の自治…吉田省三

書評

資料 学会活動の記録(2005~2006年)