書籍詳細:アスベスト汚染と健康被害[第2版]

アスベスト汚染と健康被害[第2版]

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,420円(本体価格 2,200円)
在庫僅少
発刊年月
2006.09
旧ISBN
4-535-58478-8
ISBN
978-4-535-58478-5
判型
A5判
ページ数
256ページ
Cコード
C3036
ジャンル

内容紹介

労災から公害問題へと広がったアスベスト健康被害を第一線の研究者が解説した旧版を、救済新法などの新法令に対応させて改訂。

目次

第1章 いま、なぜアスベスト問題なのか―アスベスト関連疾患の潜伏期間/森永謙二(産業医学総合研究所環境計測管理研究グループ部長)

第2章 アスベストとはなにか―なぜ有害性がわかっても使ってきたのか/神山宣彦(東洋大学経済学部自然科学研究室教授)

第3章 各国におけるアスベスト被害と規制状況/古谷杉郎(石綿対策全国連絡会議事務局長)

第4章 アスベストの職業ばく露と環境ばく露/森永謙二・篠原也寸志(産業医学総合研究所作業環境計測研究部主任研究員)

第5章 中皮腫の診断と治療/三浦溥太郎(横須賀市立うわまち病院副院長)

第6章 アスベストの毒性とメカニズム/井内康輝(広島大学大学院医歯薬学総合研究科教授)

第7章 アスベスト含有建材と測定手法/小西淑人(日本作業環境測定協会調査研究部長)

第8章 アスベスト除去・廃棄物処理とばく露防止対策/鈴木裕生(アゼアス社長)

第9章 アスベスト代替品は生体にどんな影響を与えるか/高田礼子(聖マリアンナ医科大学予防医学講師)

第10章 アスベストのリスクアセスメント/安達修一(相模女子大学学芸学部食物学科助教授)

第11章 メディアからみたアスベスト問題/竹内敬二・安田朋起(朝日新聞)