書籍詳細:新 臨床心理学入門

シリーズ:こころの科学増刊

新 臨床心理学入門

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,980円(本体価格 1,800円)
在庫僅少
発刊年月
2006.09
旧ISBN
4-535-90415-4
ISBN
978-4-535-90415-6
判型
B5判
ページ数
160ページ
Cコード
C9411
ジャンル
難易度
テキスト:初級

内容紹介

12年ぶりの全面改訂。新進気鋭の臨床心理学者をラインナップ。鷲田清一、鎌田東二、池田晶子などゲスト執筆陣も充実。

目次

座談会・臨床の「学」とは何か

鷲田清一(大阪大学)+河合俊雄(京都大学)+岩宮恵子(島根大学)

●コラム=臨床心理学を見つめる

宗教研究からみた臨床心理学/鎌田東二

共感的対話―臨床心理学と実験心理学のコラボレーション/吉川左紀子

謎の日々/池田晶子



1 臨床心理学を学ぶ

歴史:臨床心理学の歴史の臨床性/大山泰宏(京都大学)

理論的背景(1):フロイトからユングへ、そして…/田中康裕(京都大学)

理論的背景(2):精神分析理論の特徴/妙木浩之(東京国際大学)

査定の理論:わたしの心理査定観/皆藤 章(京都大学)

面接の理論:主観性の二律背反をになうものとしての「面接」/川戸 圓(大阪府立大学)

2 臨床心理学を使う

精神化(1):「精神病」を病むということ/角野善宏(京都大学)

精神化(2):臨床心理学と「神経症」/田熊友紀子(文京学院大学)

身体化(1):身体疾患とこころの危機/山森路子(前・佛教大学)

身体化(2):遺伝子カウンセリングの心理臨床におけるからだ/桑原晴子(京都文教大学)

社会化(1):事実と「治癒」/神谷信行(弁護士)

社会化(2):思春期の入院治療と臨床心理学/萬木暁雄(湖陵病院)

3 臨床心理学を極める

事例研究(1):事例研究において何がどのように学ばれるのか/川嵜克哲(学習院大学)

事例研究(2):事例研究をめぐって/藤山直樹(上智大学)

文献研究(1):文献研究の意義、あるいは魂の翻訳者の使命/猪股 剛(群馬大学)

文献研究(2):テクストと臨床経験/長田陽一(光華女子大学)

統計的研究(1):統計の「知」と人間への「まなざし」/名取琢自(京都文教大学)

統計的研究(2):統計的研究と個/石原 宏(佛教大学)

4 臨床心理学を活かす

医療(1):ワンダーランドの招待状/前川美行(山王教育研究所)

医療(2):チームアプローチにおける多職種の連携―医療観察法病棟での実践を通じて/壁屋康洋

教育:教育現場における心理臨床/桑原知子(京都大学)

司法:「臨床的であること」とは?―警察における犯罪被害者支援カウンセラーの活動から/高見友理(島根大学)

産業:「職業」としての産業臨床心理士―極私的産業臨床心理士小史/足立智昭(前三菱重工業産業カウンセラー)