書籍詳細:変わる社会、変わる会計

変わる社会、変わる会計 激動の時代をよむ

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,090円(本体価格 1,900円)
在庫僅少
発刊年月
2006.05
旧ISBN
4-535-55464-1
ISBN
978-4-535-55464-1
判型
四六判
ページ数
288ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

ライブドア・ショック、カネボウ巨額粉飾事件からエンロン事件まで――混迷する世界経済を読み解く鍵は「会計」にあり!

目次

〔国内編〕

1 カネボウ巨額粉飾事件――大型経済犯罪と会計・監査

2 ライブドア・ショック――「会社とは何か」と会計

3 新会社法と会計――剰余金分配の自由化と会計

4 中小会社会計と会計参与制度――中小会社と税理士の意識改革

5 アカウンティング・スクールの苦戦――2匹目のドジョウはいる?

6 会計基準の憲法作り――初めての概念フレームワークの文章化

7 会計改革と司法改革――3点セットの改革と高い志

8 見せかけの資本補強と税効果会計――銀行優遇行政と「甘え」の構造

9 りそなショックと厳正監査――なれあい監査決別の背景

10 不良債権の会計・監査問題――金融再生プログラムの加速策と会計・監査

11 不良債権の株式化――デット・エクイティ・スワップのからくり

12 土地再評価法と会計問題――経済・財務政策と会計

13 金庫株解禁と会計問題――経済政策と会計理論

14 時価会計・減損会計見直しの構図――凍結と延期の政治圧力

15 土地投機・過剰設備投資のツケの会計問題――減損会計、早ければ2003年度にも

16 退職給付債務と株安・金利安――割引率の引下げ問題と負債の時価会計

17 リース会計の見直し問題――確定決算主義をどうする

18 キャッシュフロー革命と企業会計――意見と現実

〔海外編〕

19 EUと会計2007年問題――日欧相互承認と会計外交

20 新たな業績報告――純利益は消える?

21 エンロン事件と米企業会計への不信――監査はビジネスか?

22 米国不正会計の根っこにあるものは――株主価値至上主義の落とし穴

23 米企業改革法と会計・監査――変わる企業統治と会計・監査

24 保険時価会計の波紋――IASBの試金石

25 ITバブルの崩壊と「のれん代」の巨額の評価損――JDSユニフェーズとAOLのケース

26 ストックオプションとM&A会計――グローバリズムと会計問題

27 アメリカの決算発表と「実質ベース」利益――プロフォーマ数値の乱用とSECの警告