書籍詳細:権力への懐疑

シリーズ:現代憲法理論叢書

権力への懐疑 憲法学のメタ理論

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,888円(本体価格 3,600円)
在庫あり
発刊年月
1991.06
旧ISBN
4-535-57956-3
ISBN
978-4-535-57956-9
判型
A5判
ページ数
252ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

個人と個人、個人と社会との関係はいかにあるべきか、そこにおける法の役割は何か。根源的な問題意識から出発し、憲法学のメタ理論が、憲法学のあり方、日本の憲法状況を見る視点へどのような示唆を与えるかを考究。

目次

第1章 解釈による法創造
    :ミシェル・トロペールの法解釈理論
第2章 慣習としての法
第3章 人権
    :おおげさなナンセンス?
第4章 主権
    :魔術からの解放?
第5章 憲法訴訟
    :プロセスから原理へ
第6章 福祉のための権利?
第6章付論 放送制度の理念
第7章 解釈としての科学
第8章 なぜ日本人は権利を真剣に受けとめないのか?
補論1 ハード・ケースと裁判官の良心
補論2 事実認定と確率理論