書籍詳細:ILOとジェンダー

ILOとジェンダー 性差別のない社会へ

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,024円(本体価格 2,800円)
在庫なし
発刊年月
2006.03
旧ISBN
4-535-51205-1
ISBN
978-4-535-51205-4
判型
A5判
ページ数
304ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

国際人権活動の開拓者の著者が、女性差別の根本原因をILO対日本勧告を手がかりに解明。ジェンダー問題を考える上で必読の書。

目次

第1章 ILO創設と男女平等賃金原則の成立

1 はじめに

2 英国

3 フランス

4 米国

5 ドイツ

6 日本

7 国際労働立法と女性保護

8 第一次大戦中の国際労働立法機関創設への運動

9 パリ平和会議と国際労働立法委員会

10 国際労働立法委員会と男女平等賃金原則

11 国際労働立法とパリ平和会議の交渉経過

12 ベルサイユ平和条約の成立と男女平等賃金原則

第2章 国際機関を動かす女性運動

1 女性参政権運動の高まり

2 平和会議に参加した早期女性ロビーイスト

3 ジェンダーの視点から見たILO条約

4 パリ平和会議に軍性暴力処罰を要求した女性運動

5 おわりに

第3章 日本軍性奴隷問題とILO

1 日本軍性奴隷問題の国際的提起

2 日本軍性奴隷問題に関するILOの勧告

第4章 日本の女性賃金差別とILO

1 突出した日本の女性賃金差別

2 日本の女性賃金差別は100号条約違反

第5章 終章

1 日本軍性奴隷と女性賃金差別の関係

2 日本軍性奴隷被害者への支援活動と男性中心主義からの脱却

正誤情報

2008.06.03 errata51205-1_1.txt
2008.06.03 errata51205-1_1.pdf

正誤情報のファイル名=凡例

errata12345-m_n.txt
ファイル名の「m_n」は、その書籍の「第 m 版第 n 刷」の正誤表であるかを示しています。
PDFファイルになっている正誤情報をご覧になるには、Adobe Reader(無償)が必要です。
ソフトが必要な方はAdobe Reader公式サイトをご覧下さい。