書籍詳細:民主主義法学・刑事法学の展望(下)

民主主義法学・刑事法学の展望(下) 刑法・民主主義と法

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 7,020円(本体価格 6,500円)
在庫なし
発刊年月
2005.12
旧ISBN
4-535-51506-9
ISBN
978-4-535-51506-2
判型
A5判
ページ数
600ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

刑法、刑事訴訟法、少年法、刑事政策、民主主義法学の分野における理論的問題を気鋭の研究者が執筆する小田中聰樹専修大学教授の古稀を祝する記念論文集。小田中聰樹先生古稀記念論文集。

目次

第3部 刑法



戦後の刑法改正と重罰化/村井敏邦

厳罰主義と人間の安全/生田勝義

刑罰目的と刑事立法/松宮孝明

現代刑法学における「国家による保護」と「国家からの自由」/三島 聡

条件関係の意義/北野通世

共謀共同正犯の拡散/浅田和茂

「意思の抑圧」と間接正犯/成瀬幸典

刑法上の名誉に関する覚書/金澤真理



第4部 民主主義と法



戦前の風早八十二における法学・社会科学・実践/森 英樹

語り継がれてきた布施辰治(戦前)/森 正

いま、国家の役割をどう考えるか/晴山一穂

法科大学院の創設と法学教育・研究のあり方/広渡清吾

裁判官の人事評価制度と裁判官の内部的独立/久保田穣

法律家の専門職性(professionality)と司法制度改革/小沢隆一

専守防衛論の歴史的展開/浦田一郎

政治的憲法論(political constitution)再訪/元山 健

全患協運動と日本国憲法/内田博文

民衆法廷の挑戦/前田 朗

ロシアにおける刑事司法の構造転換/小森田秋夫

「マナーのルール化」および厳罰化傾向についての一考察/中村寛爾

独占禁止法の継受に関する研究序説/土田和博

フランチャイズ契約におけるチャージ算定方法をめぐって/近藤充代



小田中聰樹教授 略歴

小田中聰樹教授 著作・論文等 目録