書籍詳細:心理学の時間

叢書 心理臨床の知 心理学の時間 歴史意識の時代の中で

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,970円(本体価格 2,700円)
在庫なし
発刊年月
2005.12
旧ISBN
4-535-56208-3
ISBN
978-4-535-56208-0
判型
四六判
ページ数
364ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

人間が歴史意識=物語の内に囚われた近現代、そこでの臨床心理は根底的でダイナミックな理論と実践でしか担保されないことを主張する。

目次

刊行によせて/河合俊雄

第1章 現代の自然としての歴史意識

1 魂の学としての心理学

2 歴史意識という自然――意識の成立・内と外の分裂

3 探求する意識とその転覆

4 意識への閉塞

5 心理学の内側で、あるいは、歴史意識の内側で

6 反省する意識、あるいは、意識と無意識に意識

第2章 心理学の歴史概念

1 想起する歴史

2 生の阻害としての歴史(1)――「内と外」あるいは「一と多」

3 生の阻害としての歴史(2)――「いま」の本質

4 生の阻害としての歴史(3)――見通すことの問題性

5 歴史が生に奉仕していた姿

6 歴史という神経症から

7 心理学の概念としての歴史

第3章 魂の静寂――心理学と物語とその静止

1 ヴィジョン

2 静寂と時間

3 心理学における物語の意義

4 物語の孕む問題

5 物語の静止

6 静止状態の弁証法

第4章 心理学の可能性と倫理

1 結合への問い

2 心理学の内側

3 倫理という言葉

4 精神分析において語られる倫理

5 ユング心理学における倫理

第5章 イメージの心理学――織物の生成

1 象徴

2 手仕事としての織物と心理学

3 魂の運動と意識の芽生え《糸紡ぎ》

4 魂への追従《傾聴と落下》

5 通過儀礼《蚕の儀礼》

6 時間の生成と時間の欺瞞《織り》

7 着ると切る《裁断と織物の完成》

第6章 弁証法形式の心理学――オリジナルとコピーの弁証法

1 オリジナリティあるいは個性

2 ユングの個性化過程という概念

3 個性化という概念の零落

4 オリジナルからコピーへ

5 自己からシジギーへ

第7章 現実への到達としての浦島物語

1 はじめに――現実性の三様態

2 出会い

3 漁猟と水中への誘い

4 海を行くもの流されるもの

5 流されるものとの戦い

6 海の底から

7 亀と鶴、弁証法の場としての婚姻