書籍詳細:社会・文化精神医学2

シリーズ:榎本稔著作集

社会・文化精神医学2

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,456円(本体価格 3,200円)
在庫なし
発刊年月
2005.06
旧ISBN
4-535-98255-4
ISBN
978-4-535-98255-0
判型
A5判
ページ数
410ページ
Cコード
C3347
ジャンル

内容紹介

東京・池袋でクリニックを開業する精神科医による社会文化精神医学、アルコール・薬物依存症に関する論文の集大成。

目次

巻頭言・現代社会のニーズに応える必要がある

デイケア

  • デイケアセンター―精神医療・福祉・生活への新しい展開
  • アルコール依存症治療におけるデイケアの位置づけ
  • ヤングデイケア―大学生の場合
  • 大学におけるデイケア
  • デイケアの構築―大学教育制度の21世紀への展開
  • 大都市における老人デイナイトケア
  • 医療におけるデイケアと介護保険
  • デイケア・メンバーの海外旅行体験
  • デイケアクリニックの現在と今後の課題―デイケアの専門分化
  • デイケアセンター―その理念と医療経済
  • 文化精神医学

  • 狂気と文化
  • 異に学ぶ
  • 過密・過疎化社会と心の健康
  • 現代人と死
  • 宗教と精神医学
  • エントラルゴ『医者と患者』
  • 解説・医者と患者について
  • 教育精神医療

  • 教育病理としての「いじめ問題」―「いじめ問題」アンケート調査
  • 「サンライズ学園」創設
  • 地域社会病理

  • 地域社会の断層―「山谷学」入門
  • 学会関係

  • 日本精神衛生学会の歩み―その成立と動向
  • 現代の依存と自立―女性のアルコール依存症から
  • 外来精神医療の現状と展望―心が蘇る外来精神医療
  • 精神医療断編

  • 精神科医への道
  • ハングリーな青春
  • 精神病(精神障害)
  • 精神分析
  • リストカットをくり返す生徒との対応は?
  • 摂食障害
  • 教師のメンタルヘルス
  • 学級崩壊
  • 学校へ行けない子どもたち
  • 自 殺
  • ハロペリドール(セレネース)の使用経験
  • ココロジー
  • 依存・嗜癖社会と医療の行く末
  • アディクションの精神科における治療