書籍詳細:日本国憲法制定の系譜2

日本国憲法制定の系譜2 戦後米国で

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 13,200円(本体価格 12,000円)
在庫僅少
発刊年月
2005.03
旧ISBN
4-535-51370-8
ISBN
978-4-535-51370-9
判型
A5判
ページ数
932ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

『朝日新聞』『東京新聞』などで好評の叢書第二巻。米政府の「日本の統治機構の改革(SWNCC 228)」を分析。国務省親日派と海軍省の強硬論との確執など未知の系譜を発掘。巻末に未刊資料満載。論憲から国連憲章へ。

目次

第2部 戦後米国で:憲法制定基本方針の立案



2.1 序 論――冷戦と「日本の統治機構の改革」

2.2 親日的な国務省内案――日本国憲法の原型

2.3 国務省内の攻防――1945年10月東京への訓令電報

2.4 国務省提出案の審議――皇帝制度の存続をめぐる激論

2.5 国務省内の再検討――皇帝制度の廃止または民主化

2.6 国務省再提出案の討議――民主化要求の最後の機会

2.7 1946年1月の最終決定まで――マッカーサーの権限強化と極東委員会

2.8 最終決定した「SWNCC 228」――改革の精神の条文ごとの検証

2.9 日本にむけて――1946年の世界遺産



資料