書籍詳細:自由の苦い味

自由の苦い味 台湾民主主義と市民のイニシアティブ

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,024円(本体価格 2,800円)
在庫なし
発刊年月
2005.03
旧ISBN
4-535-58398-6
ISBN
978-4-535-58398-6
判型
四六判
ページ数
416ページ
Cコード
C3031
ジャンル

内容紹介

国民党一党独裁のくびきを脱し、台湾民主主義は着実な前進をとげつつある。しかし、「台湾独立」をめぐる中国との軋轢が激化するなど、待ちかまえている隘路を通り抜けるには、成熟した市民の知恵が必要とされている。

目次

第1部 台湾民本主義における中道・漸進の意味

第1章 三民主義・五権憲法

第2章 中国のマグナカルタ

第3章 大正デモクラシーと台湾民本主義

第4章 「党国独裁体制」と中華民国憲法

第5章 平和的体制転換と民主大憲章

第6章 憲法と普通の人びと

第2部 台湾ナショナリズムと自立・自救

第7章 澎湖群島と台湾ナショナリズム

第8章 台湾ナショナリズムと市民的自決権

第9章 独立と統一の「共通項」

第10章 自由の苦い味