書籍詳細:建設業再生のシナリオ

建設業再生のシナリオ 住民支援型コミュニティ・ビジネスの展開

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,944円(本体価格 1,800円)
在庫なし
発刊年月
2004.10
旧ISBN
4-535-58417-6
ISBN
978-4-535-58417-4
判型
四六判
ページ数
208ページ
Cコード
C3034
ジャンル

内容紹介

農業が切り捨てられ、地方商店街が空洞化する中で、今地域に残るのは地場型中小建設産業だけである。その衰滅は地域生活の根幹をなす治山治水力を失うことを意味する。地域建設業再生が地域復権の要であることを示す。

目次

序 章 バブル崩壊と建設不況の軌跡



第1章 地域建設産業の構造改革――コミュニティ・ビジネスへの展望



第1節 公共事業のあり方を見直す

第2節 ポスト工業化への対応

第3節 公共事業から地域共益事業へ

第4節 情報公開と住民参加

第5節 行政・企業・住民の「三者合意システム」

第6節 地域再生とコミュニティ・ビジネス



第2章 地域共益事業とコミュニティ・ビジネス



第1節 多様な事業体と経営力・技術力

第2節 住民参加とNPOの協力

第3節 新市場・新分野の創出

第4節 地域への貢献

第5節 人材の育成と活用のシステム

第6節 地域金融とミニ公募債の活用



第3章 災害に強い街づくりへの貢献――持続可能な地域づくり



第1節 天災は忘れたころにやってくる

第2節 コミュニティの中心施設とライフライン

第3節 安心・安全な家づくり・街づくり

第4節 地域セーフティネットの構築と地域建設産業

第5節 「景観緑」の街づくりへの展望