書籍詳細:思春期をめぐる冒険

思春期をめぐる冒険 心理療法と村上春樹の世界

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,728円(本体価格 1,600円)
在庫なし
発刊年月
2004.05
旧ISBN
4-535-56210-5
ISBN
978-4-535-56210-3
判型
四六判
ページ数
232ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

ひきこもり、援助交際、家庭内暴力……思春期の娘に悩む母親の面接からみえてきた、現代人の物語とは――。村上春樹の「自己治療的な行為」としての作品を心理療法の視点で読み解く、異色のハルキ評論!

目次

第1章 物語の呪縛
第2章 物語のプロローグ
第3章 思春期という異界
第4章 物語の生成と思春期体験
第5章 思春期体験の死の側面
第6章 現実の多層性
第7章 向こう側から来る性と暴力
第8章 向こう側とこちら側を結ぶ物語
第9章 物語と猫
第10章 物語の行方