書籍詳細:法と心理 第3巻第1号

法と心理 第3巻第1号 若者と社会―加害と被害のクロスオーバー

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,456円(本体価格 3,200円)
在庫なし
発刊年月
2004.06
旧ISBN
4-535-06723-6
ISBN
978-4-535-06723-3
判型
B5判
ページ数
130ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

法学と心理学の研究交流をはかる学会の最新の研究成果を盛り込む。学会大会でのシンポジウムおよび講演の記録のほか、法学・心理学両分野からの意欲的な論文等を掲載する。

目次

特集 若者と社会――加害と被害のクロスオーバー

●講演記録
トラウマとそのケア……元村直靖
刑事鑑定人の法意識……青木正芳
集団の社会心理学と公正……大渕憲一

●論文
裁判に関わる心理学者のための倫理規範の提案
模擬裁判評議の経験が裁判員制度に対する評価に及ぼす影響
目撃者の視力が顔識別に及ぼす影響
誘導された行動と強制された行動における責任判断
被害者の否定的要素と量刑判断

韓国法心理学会2003年春季国際学術大会参加報告

書評