書籍詳細:刑事証拠開示の分析

刑事証拠開示の分析

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,480円(本体価格 6,000円)
在庫なし
発刊年月
2004.02
旧ISBN
4-535-51426-7
ISBN
978-4-535-51426-3
判型
A5判
ページ数
256ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

日本の刑事手続において、検察官手持ちの証拠に開示義務を課する明文はない。このことが、被告人に不利な司法判断を受けるおそれの一つとなっている。証拠開示に関しては、積極論と消極論が存在するが、諸外国の手続を比較研究しつつ、「裁判員制度」の創設を含む刑事司法改革において、被告人の権利保障の視点から証拠開示の理論を提示する。

目次

序 章 問題関心
第1部 証拠開示論の構造
    ――イギリス法改革を手掛かりとして
第2部 証拠開示論の構築
終 章 証拠開示論の具体化