書籍詳細:グローバル化時代の法と法律家

グローバル化時代の法と法律家

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,264円(本体価格 5,800円)
在庫なし
発刊年月
2004.02
旧ISBN
4-535-51418-6
ISBN
978-4-535-51418-8
判型
A5判
ページ数
376ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

グローバル化がもたらす「負」の側面に向き合うための法実務・法理論とは何かを、各国の最新動向をふまえて考察し、これからの時代に求められる法の実務・研究・教育とは何かを幅広い射程にたって問題提起する。

目次

第1部 貿易と環境保護の両立
 ドイツ法、EC法、WTO法に照らしたグローバル化時代通商摩擦と法律的責任
 WTO上級委員会の法創造的役割

第2部 日本の難民政策再考
 外国人労働者雇用に関わる法律専門家の社会的責任
 グローバル化とフィリピン人海外移民
 世界銀行のアカウンタビリティを求めて

第3部 アイヌ民族に関する法と裁判
 先住権と経済的グローバリゼーション
 独立国における植民地法

第4部 オーストラリアにおける法学教育
 中国の法専門職
 法学者と社会的責任
 法学教育の社会的責任 ほか