書籍詳細:パソコンでゲームの理論

パソコンでゲームの理論

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,024円(本体価格 2,800円)
在庫なし
発刊年月
1997.05
旧ISBN
4-535-55082-4
ISBN
978-4-535-55082-7
判型
A5判
ページ数
200ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

ミクロ経済学においてゲームの理論は不可欠であるが、数学を使うために敬遠されている。本書では、パソコンの表計算ソフトであるロータスとエクセルを用いて、初学者にも十分理解できるよう懇切に解説を加える。

目次

序 章 ゲーム理論とは
 1 ゲームの定義
 2 ゲームの種類
 3 ゲームの表現
第1部 ゼロ和2人ゲーム
第1章 ゼロ和2人ゲーム(1)
 1 簡単なゼロ和2人ゲーム
 2 マクシミン値の導出
 3 プログラム(1)
 4 ミニマックス値の導出
 5 プログラム(2)
 6 グラフの作成
第2章 ゼロ和2人ゲーム(2)
 1 サドル点がないケース
 2 プログラム
 3 サドル点が存在するケース
 4 サドル点の存在条件
第3章 ゼロ和2人ゲームと混合戦略(1)
 1 利得表の作成
 2 混合戦略とは
 3 Bが純粋戦略、Aが混合戦略を選ぶ場合
 4 プログラム(1)
 5 Aが純粋戦略、Bが混合戦略を選ぶ場合
 6 プログラム(2)
第4章 ゼロ和二人ゲームと混合戦略(2)
 1 プログラム(1)
 2 プログラム(2)
 3 図の作成
 4 現実経済への適用
 5 ミニマックス原理の限界
第2部 非ゼロ和2人ゲーム
第5章 非ゼロ和2人ゲーム(非協力ゲーム)
 1 非ゼロ和2人ゲーム(非協力のケース)とは
 2 図による説明
 3 計算によるマクシミン値の導出
 4 プログラム
 5 問題点
第6章 非ゼロ和2人ゲームとナッシュ均衡
 1 ナッシュの均衡
 2 囚人のジレンマとナッシュ均衡
 3 ナッシュ均衡をめぐる問題(交換可能条件について)
第7章 非ゼロ和2人ゲーム(協力のケース)
 1 協力とは
 2 数学による説明
 3 プログラム
 4 問題の提起
 5 ナッシュ交渉(図による説明)
 6 ラグランジュ乗数法による説明
 7 代入法による説明
 8 グラフの作成
第8章 ゲームの理論と複占
 1 複占市場開業
 2 プログラム
 3 ナッシュ均衡とクールノーの均衡
 4 動学化
第9章 より進んだ展開/複占
 1 協力的均衡
 2 数式による説明
 3 協力均衡は可能か
 4 プログラムによる説明
 5 シュタッケルベルク均衡とは
第10章 一つの解決策/フォークの定理
 1 フォークの定理
 2 プログラム
索引