書籍詳細:憲法政策論

憲法政策論

の画像の画像
  • 小林 直樹
  • 紙の書籍
定価:税込 5,767円(本体価格 5,340円)
在庫なし
発刊年月
1991.05
旧ISBN
4-535-57951-2
ISBN
978-4-535-57951-4
判型
A5判
ページ数
448ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

法学の分野には、法全体を視野に入れて全体的に配慮をする視座が欠如していた。憲法全体の調和を求めて基本的論点から各個別の問題点まで鳥瞰した本書は、現在における日本国憲法の体系的理論書というにふさわしい。

目次

第1部 人間関係
 第1章 情報立法政策の考察
 第2章 教育改革の課題と方向
 第3章 環境政策の基本政策
 第4章 「原子力」政策と憲法問題
 第5章 住宅=土地問題の視座
第2部 制度関係
 第6章 権力分立制の改造
 第7章 両院制の改革構想
 第8章 政党規制立法の問題点
 第9章 行=財政改革の基本線
 第10章 地方自治の方向と可能性