書籍詳細:自由法曹団物語 戦前編

自由法曹団物語 戦前編

の画像の画像
  • 自由法曹団
  • 紙の書籍
定価:税込 2,160円(本体価格 2,000円)
在庫なし
発刊年月
1976.10
旧ISBN
4-535-57508-8
ISBN
978-4-535-57508-0
判型
B6判
ページ数
450ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

大正10年に創立以来、今日まで、自由と人権の擁護・伸張を目的として結成された団の55年史。法廷闘争のみならず、オピニオンリーダーとしての弁護士像が浮彫にされている。民主主義運動の軌跡としても感銘深い。

目次

第1部 戦前のあゆみ
 1 自由法曹団の創立と戦前のあゆみ
  1 概説
  2 神戸、三菱・川崎造船争議と自由法曹団
  3 関東大震災の虐殺に対する抗議運動
  4 解放運動犠牲者救援弁護士団から日本労農弁護士団へ
  5 三・一五、四・一六事件の統一公判と弁護士のたたかい
 2 伏石事件と弁護士若林三郎
 3 一九三三年の弁護士群像
 4 関西における弁護士のたたかい
 5 かく歩みし自由法曹団の道〈座談会〉
第2部 たたかいの記録
 1 虎ノ門から新潟まで
 2 香川のたたかい
 3 農民のなかで
 4 岡林辰雄氏に聞く
 5 夕刊豪胆頭脳明敏好男子!
 6 自由法曹団の人びと
 7 救援会から弁護士団へ
 8 弾圧と戦火をのりこえて
 9 関西労農弁護士団に参加して
 10 裁判所のなかで
第3部 自由法曹団の先達たち
 1 山崎今朝弥
 2 布施辰治
 3 上村 進
 4 古屋貞雄
 5 小岩井浄
 6 近内金光
 7 神道寛次
 8 天野末治
 9 桜井 紀