書籍詳細:知ってほしい 司法試験 司法の世界

知ってほしい 司法試験 司法の世界

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 864円(本体価格 800円)
在庫なし
発刊年月
1997.07
旧ISBN
4-535-51099-7
ISBN
978-4-535-51099-9
判型
A5判
ページ数
96ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

いま法律家の育て方で二つの「時」が問題になっている。司法試験の受験回数が短い人を優遇する制度、そして司法修習期間の短縮。いずれも司法にかかわる重要問題だ。「家栽の人」とともにその内容をわかりやすく解説する。

目次

1 司法試験受験者のみなさんにおくる
2 基礎用語マスター篇
 法曹
 弁護士
 検察官
 裁判官
 人権擁護
3 これが法曹への道筋だ篇
 司法試験の実際
 司法修習の実際
 司法試験・司法修習制度論が荒れている
4 いまや疾風怒濤の司法試験篇
 丙案の登場
 丙案時代
 丙案の旅路も末路へ
5 これからどうなる激闘の司法修習篇
 世の中すべて簡略時代、か?
 統一修習終わりのはじまり?
 一丁上がりの半人前法曹論はよくない
 最高裁は方針を大きく転換したらしい
 裁判所法を改正しなければ修習期間短縮はできない
6 背景知識ふりかえり篇
 臨司意見書ひもとき知識
 裁判官会議なんてやめちまえ
 裁判官の思想を統制する
 「ヒラメ」型裁判官が育っちゃう
 司法の危機の背景
7 背景知識現在進行篇
 規制緩和の大合唱が司法に及んでいる
 国民の立場に立った司法改革が必要だ
8 もう一度司法試験受験生のみなさんにおくる