書籍詳細:定本 菊兵団 軍医のビルマ日記

菊兵団軍医の壮絶な記録 定本 菊兵団 軍医のビルマ日記

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,160円(本体価格 2,000円)
在庫なし
発刊年月
2002.07
旧ISBN
4-535-58329-3
ISBN
978-4-535-58329-0
判型
四六判
ページ数
288ページ
Cコード
C95
ジャンル

内容紹介

太平洋戦争の戦略目標は、油田とその輸送路の確保と、援蒋ルートの切断の二点につきる。陸戦の中心点ビルマから秘密裏に持ち帰った日記を、内外の多くの資料で裏づけ、また図版・写真を収めて、個人史を戦史へと昇華した稀有の書。

目次

序 章 太平洋戦争における菊兵団と軍医
 1 連合軍の二大戦略と菊兵団
 2 軍医の役割と活躍
 3 当時の日本の陸軍、とくに陸軍衛生部について
前 史 出生から出征まで
第1部 北ビルマの戦い
 1 ビルマへの赴任
 2 ミイトキーナの生活
 3 軍医の仕事
 4 トーゴー作戦
 5 タリでの作戦
 6 メンイエに駐在
 7 サンプラバムの状況
 8 サンプラバム周辺での戦い
 9 フーコンヘの出発
 10 その後のミイトキーナ
第2部 フーコンの戦い
 はじめに
 1 フーコンヘの出発
 2 ミンジボムへ転進
 3 包囲と玉砕命令
 4 雨期来たる
 5 フーコンの最前線の部隊となる
 6 危機から辛うじて脱出
 7 磁石に救われる
 8 筑肥峠を越える
 9 筑肥峠無残
 10 野戦病院付きとなる
 11 カーサへ移動
 12 イラワジ川を下る
第3部 南十字星をめざして
 1 メイミョーからナムチへ
 2 ナムチにて
 3 コーダウン山脈を越えモンミットへ
 4 中部ビルマに向かう
 5 メイクテラの戦闘
 6 タジへの転進
 7 ピャウペで戦車に会う
 8 日本軍の敗走
 9 シッタンに向かう
第4部 サイゴン日記
 1 サイゴンへの道
 2 サイゴンの生活
 3 敗戦のサイゴン
 4 俘虜収容所の勤務
 5 戦争犯罪者が逮捕される
 6 陸軍病院に勤務する
 7 再びサイゴンへ
 8 再度の刑務所勤務
 9 輸送船で日本へ
第5部 ビルマからの手紙
 はじめに
 1 手紙1~19
 附 サンプラバム
第6部 歳月を隔てて
 1 戦跡再訪
  ビルマ訪問記1・2
  ベトナム訪問記
 2 ビルマ徒然草
  なぜ戦争に負けたか
  私のかかった病気
  戦争で私はどう変わったか
  日本人と日記