書籍詳細:ベトナム経済の基本構造

在住9年の筆者が贈るベトナム経済論の決定版 ベトナム経済の基本構造

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 4,320円(本体価格 4,000円)
在庫なし
発刊年月
2002.07
旧ISBN
4-535-55298-3
ISBN
978-4-535-55298-2
判型
A5判
ページ数
340ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

計画経済時代のベトナムには裏と表の二重構造が存在した。ドイモイ改革により市場経済への移行を目指すベトナムを分析するとき、この二重構造の視点を持つことによっていままで見えてこなかったベトナム経済の実相が浮かび上がる。

目次

序 章 主題の設定
 第1節 問題意識
 第2節 主題の設定
第1部 計画経済体制下のベトナム経済
第1章 ベトナムにおける社会主義計画経済の実態
 第1節 ベトナムにおける社会主義計画経済体制の確立
 第2節 ベトナムにおける社会主義計画経済体制の特徴
第2章 バオカップ制度
 第1節 バオカップ制度の概要
 第2節 バオカップ制度の構造的欠陥
 第3節 バオカップ制度の破綻
第3章 多重価格制度
 第1節 複数市場の存在
 第2節 複数市場と多重価格制度の関係
 第3節 外国貿易市場と複数為替レート制度
第4章 財政金融構造
 第1節 計画経済時代におけるベトナムの財政構造
 第2節 計画経済時代におけるベトナムの金融構造
第2部 市場経済移行過程でのベトナム経済
第5章 単一市場と単一価格体系の形成
 第1節 1985年改革の意味
 第2節 単一市場と単一価格への移行
 第3節 財政金融政策の効果
第6章 多成分経済体制の確立
 第1節 国営企業改革
 第2節 失業問題に対する対応
第7章 外的要因依存型経済と高成長の達成
 第1節 ベトナムを巡る国際環境の変化
 第2節 高成長の要因
第8章 外的要因依存型経済の問題点
 第1節 ベトナム経済の特徴の1つとしての低貯蓄
 第2節 低貯蓄を容認するような政策の実施
第9章 外的要因依存型経済が直面した新たな課題
 第1節 ベトナム経済が直面している外生的問題
 第2節 ベトナム経済が直面している内生的問題
第3部 ベトナム経済が取り組むべき課題
第10章 政治的要因
 第1節 市場移行と社会主義理論
 第2節 ベトナムにおける市場移行改革の課題
第11章 ベトナム経済が克服すべき課題
 第1節 ベトナム経済の二重構造
 第2節 ベトナム経済が克服すべき課題――二重構造の解消
参考文献
索引