書籍詳細:国際通貨制度の改革

国際通貨制度の戦後史を語る! 国際通貨制度の改革

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,160円(本体価格 2,000円)
在庫なし
発刊年月
2002.07
旧ISBN
4-535-55302-5
ISBN
978-4-535-55302-6
判型
四六判
ページ数
152ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

戦後の国際通貨制度は、ドル危機、80年代南米の債務危機、90年代東アジアの通貨金融危機に見舞われた。その根元は、1国通貨ドルが国際通貨になっていることにある。IMF・世銀の改組などその解決策を提示する。

目次

第1章 第二次世界大戦後の国際通貨制度
 第1節 国際通貨制度の存立要件
  1 為替相場の調整と安定
  2 国際流動性の適切な供給
  3 国際収支の調整と金融
  4 国際金融市場の監視
  5 国際協力体制の維持
 第2節 IMF体制の成立と展開
  1 固定相場制の成立
  2 ドル不安の発生
 第3節 IMF体制の動揺と崩壊
  1 金の二重価格制
  2 ニクソン・ショック
  3 スミソニアン協定の成立と挫折
  4 変動相場制への移行とIMF協定の改訂
  5 1960年代・70年代の教訓
 第4節 1980年代以降の展開
  1 ドル相場の変動と国際協調
  2 発展途上国の債務危機の収拾と旧社会主義国への支援
  3 メキシコとアジアの通貨危機
  4 ヨーロッパ通貨の統合
 第5節 IMFを中心とした国際通貨制度の問題点
  1 為替相場の調整と安定
  2 国際流動性の適切な供給
  3 国際収支の調整と金融
  4 国際金融市場の監視
  5 国際協力の維持
第2章 新しい国際通貨制度の展望
 第1節 当面の制度改革
  1 為替相場の安定と調整
  2 国際金融機関の改革
  3 国際協力体制の維持
 第2節 将来の展望