書籍詳細:フォト・ドキュメント いのち抱きしめて

究極の在宅介護、そのノウハウと感動が手記と写真で! フォト・ドキュメント いのち抱きしめて 在宅介護13年

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,052円(本体価格 1,900円)
在庫なし
発刊年月
2002.05
旧ISBN
4-535-56193-1
ISBN
978-4-535-56193-9
判型
四六判
ページ数
232ページ
Cコード
C36
ジャンル

内容紹介

夫に余命数年の難病の診断。妻(著者)は、入院ではなく在宅介護を決断、出来る限り発病前の生活を維持・追求するために。13年にわたるひたむきな戦いの手記。フォトジャーナリストのグラビア64頁付。

目次

[フォト・エッセイ]…田邊順一

 ともに生ききったおふたりだった

[いのち抱きしめて]…田沼祥子

 けっしてギブアップしない

  ナビゲータは、帽子と鈴

  確定診断

  医師を信頼する

  重い現実との共存

  ふつうの生活を続ける努力

  死にいたる事故を防ぐ

Part1 生活

1 食事は毎日の楽しみ

 病気がすすめば食べ物を変える

 危険な食べ物、安全な調理法

 私の工夫

 夢のお弁当とミニ寿司

 パーティやレストランで

 食事介助は個性的な仕事

 水分や栄養をとる最後の手段

2 暮らしやすさと美しさの両立

 使いやすく美しい住宅

 リビングの椅子

 お風呂と天井走行リフト

 身障者用のベッドとパッド

 着やすくおしゃれな衣類

 掃除と洗濯とごみ

3 新しい精神生活

 幻覚も妄想も元気のもと

 読み聞かせとテープ

 表現法を工夫する

 演歌とカラオケ

 「音楽は生活」だった

4 社会と自然のなかで楽しむ

 友人の輪

 笑顔の源泉

 地域の人と交わる

 同病の人の助け合い

 公園で花や鳥を楽しむ

 プールで遊ぶ

5 町のなかの安全

 電車に乗りたい

 車椅子の安全と危険

 ホールと身障者

 私の危機管理対策

Part2 医療と介護

1 夫が受けた医療と福祉

 病気の進行と医療

 障害の重度化と介護

 医療と介護は別の仕事

 病人と家族と社会

 行政の援助と自助努力の組み合わせ

2 少しでも病人を楽にしたい

 さすったり、温めたり

 皮膚と泌尿器と歯

 理学療法

 言語療法

 ハリ治療と漢方薬

3 よりましな在宅介護を求めて

 在宅診療と訪問介護

 ヘルパーによる援助

 デイサービスとショートステイ

 公的援助を受ける努力

 在宅介護の困難

 公的援助の遅れと私の病気

4 安全で安心な明日のために

 なぜ裁判を起こしたか

 裁判が明らかにしたもの

 悔いの残る入院

 最後の迷い

 医師―患者を考える

 医療・介護に願うこと

おわりに 肇さんありがとう

 いのちの危機

 もう1度、口からお酒を

 オールドパーで調整した義歯

 星になって逢おうね

療養年表

[解題]人間の尊厳を…橋本進

書評掲載案内

■2009年3月23日付 毎日新聞 大阪