書籍詳細:法の科学 第30号

法の科学 特別増刊 法の科学 第30号 だれのための「司法改革」か

の画像の画像
  • 民主主義科学者協会法律部会機関誌
  • 紙の書籍
定価:税込 3,240円(本体価格 3,000円)
在庫なし
発刊年月
2001.03
旧ISBN
4-535-05030-9
ISBN
978-4-535-05030-3
判型
A5判
ページ数
320ページ
Cコード
C3332
ジャンル

内容紹介

「司法改革」の経過は、「政治改革」の名のもとに小選挙区制が導入された経緯を想起させられる。審議会中間報告を批判的に検討し、司法改革をめぐる国民的議論を促進するために一石を投じる。

目次

1司法改革の狙いは何か
 中間報告の全体像
 日本社会と司法のあるべき姿 ほか
2日本の裁判はどう変わるか、どう変えるべきか
 民事裁判はどうなる
 ADR推進をどう考えるか ほか
3ウォッチング
 司法制度改革審議会審議の方向性と限界
 司法改革と国民的要求・各界の要求
4司法の担い手は充実するか、どんな法曹をつくるべきか
 法律家養成のあるべき姿
 〈統一的・等質的〉司法観を超えて ほか
5司法改革への提言・意見
 司法改革・法学教育・ジェンダー
 沖縄が求める司法改革
6資料
 年表:1990年代司法改革の軌跡
 司法制度改革審議会中間報告 ほか