書籍詳細:エビデンス 臨床心理学

認知行動的アプローチの最新研究 エビデンス 臨床心理学 認知行動理論の最前線

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,024円(本体価格 2,800円)
在庫なし
発刊年月
2001.09
旧ISBN
4-535-56177-X
ISBN
978-4-535-56177-9
判型
A5判
ページ数
236ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

心理臨床における認知行動的アプローチの発展はめざましい。また精神医療の現場においてもうつ病やパニック障害、さらには分裂病の生活技能訓練までその適用範囲は広がっている。認知行動理論の基礎から応用まで、最新研究をフォローアップ。

目次

第1章 認知臨床心理学のフロンティア
第1部 抑うつの理論
第2章 ベックの認知療法と認知病理学
第3章 抑うつスキーマ論争とティーズデイルの抑うつ理論
第4章 認知アプローチの展開─アナログ研究とメタ分析
第5章 ベック理論への批判と抑うつ研究の最前線
第2部 不安障害の理論
第6章 パニック障害と空間恐怖の認知モデル
第7章 強迫性障害の認知モデル
第8章 対人恐怖の認知モデル
第3部 精神分裂病の理論
第9章 妄想の認知モデル
第10章 幻覚の認知モデル
第4部 まとめと今後の課題
第11章 エビデンス臨床心理学の構築に向けて