書籍詳細:臨床心理犬アレックス

臨床心理犬アレックス

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,512円(本体価格 1,400円)
在庫なし
発刊年月
2001.09
旧ISBN
4-535-56176-1
ISBN
978-4-535-56176-2
判型
四六判
ページ数
208ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

臨床心理士のオトーサンとオカーサンと暮らす犬アレックス。「門前の小僧」ではないけれど、これがなかなかの「臨床心理犬」なのだ。そのアレックスが、子育てに悩む親たちへやさしくあたたかいメッセージを送る。

目次

ぼくはアレックス/自立について考えた/親離れと子離れ/オカーサン、犬になる/食べることは大切/勉強はワクワクするもの/やりたくなる症候群/かたぎの犬/盲導犬になるには/オカーサンの手からこぼれたもの/オトナになるって、どういうこと?/パレアナ姉ちゃんの誤解と偏見/犬として夫婦げんかを喰う/パレアナ姉ちゃんに恋した犬/パレアナ姉ちゃんの恋/犬の恋愛と結婚/病室でのできごと/いりこを見つけるわけ/シンリガクってなんだろう?/臨床心理犬になるのはむずかしい/癒しは…いやしいになりかねない/自分を「癒す」/パレアナ姉ちゃんとのつらい別れ/みんなと生きる/幸せについて考えた(各章末の「アレックスの覚え書き」付き)