書籍詳細:ともに世界を頒かつ

ともに世界を頒かつ たたかう刑事弁護

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,160円(本体価格 2,000円)
在庫なし
発刊年月
2001.05
旧ISBN
4-535-51274-4
ISBN
978-4-535-51274-0
判型
四六判
ページ数
320ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

メーデー事件での逮捕を機に弁護士を志し、大阪で弁護士登録。先輩の指導のもと大阪流弁護の流儀を身に付け、多くの公安事件・労働事件・刑事弾圧事件等に活躍した著者の半生記でもあり、また理論的到達を示すものでもある。

目次

第一部 私の刑事弁護四〇年
1公安事件での弁護活動
2労働刑事事件での弁護活動
3一般事件での弁護活動
4どのようなたたかい方をしたか
5大阪地裁の“全盛期”と解体
6弁護活動と弁護士自治
第二部 刑事弾圧とたたかう
吹田事件裁判闘争をふりかえって
宮操事件の思い出
全逓大阪中郵事件
二つのスパイ事件
第三部 刑事弁護の理論
証拠開示の思想と理論
刑事弁護と弁護士自治
刑事事件における弁護士倫理
弁護活動と裁判官
第四部 石川さんのこと
特別寄稿/上田誠吉・下村幸雄・小田成光