書籍詳細:ネットワーク産業の規制改革

ネットワーク産業の規制改革 欧米の経験から何を学ぶか

の画像の画像
  • 山本 哲三
  • 佐藤 英善
  • 編著
  • 紙の書籍
定価:税込 4,104円(本体価格 3,800円)
在庫なし
発刊年月
2001.03
旧ISBN
4-535-55249-5
ISBN
978-4-535-55249-4
判型
A5判
ページ数
264ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

現在の日本で最も遅れているのは電気通信、電力・ガス市場の規制改革である。本書は、規制改革のリーダー国の最近の動向を紹介し、日本のこれからの規制改革の課題を探ってゆく。特に自然独占分野に焦点を当てて分析・提言。

目次

第1部 規制改革の動向
 第1章 米国の規制改革(山本哲三)
 第2章 欧州(EU)の規制改革(江藤 勝)
 第3章 日本の規制改革 展望と課題(川本 明)
第2部 自然独占産業の規制改革
 第4章 電気通信:地域通信市場への参入問題(浅井澄子)
 第5章 電気通信:相互接続料金の課題と展望(山本哲三)
 第6章 電気通信:競争下におけるユニバーサル・サービス政策(佐々木勉)
 第7章 電力:イングランド・ウェールズにおける電気事業の改革(R・グリーン)
 第8章 電力の最適価格設定方式 ノーダル・プライシングの検討(山本哲三)
 第9章 鉄道:上下分離とフランチャイズ(栗田善吉)
第3部 制度改革の試み
 第10章 パブリック・コメント手続 策定の経緯と実施状況(小野武司)
 第11章 規制行政(制度・法律)の改革(佐藤英善)
 第12章 規制の効果分析(川崎研一)
 第13章 規制改革と競争政策(滝川敏明)
 結 語 新しい政治・経済システムを求めて(山本哲三・佐藤英善)