書籍詳細:熊本県産業経済の推移と展望

熊本県産業経済の推移と展望 自立と連携をめざす地域社会

の画像の画像
  • 熊本学園大学産業経営研究所
  • 伊東 維年
  • 研究・編集代表
  • 紙の書籍
定価:税込 4,968円(本体価格 4,600円)
在庫なし
発刊年月
2001.05
旧ISBN
4-535-55224-X
ISBN
978-4-535-55224-1
判型
A5判
ページ数
496ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

「自立と連携をめざす地域社会」を共通コンセプトとし、「産業」と「地域」の両面から熊本県の産業経済の推移を総合的に分析し、問題点を析出するとともに、21世紀の地域産業経済を展望した総合的研究。

目次

第1部 産業
第1章 県経済・所得の動向と産業構成の推移
第2章 自立と共生をめざす農業・農村
第3章 い業の課題と展望
第4章 工業の集積構造と今後の課題
第5章 金属・機械工業の集積と課題
第6章 グローバル化時代の本格焼酎産業
第7章 地域経済を牽引する卸売機能と県経済
第8章 小売業における自立と連携
第9章 サービス業と地域経済の自立
第10章 物流の動向とトラック運送業
第11章 ビッグバンと金融業
第12章 ベンチャー企業の支援とベンチャー・ファイナンス
第13章 ベンチャービジネスと企業化支援機関
第2部 地域
第1章 地域開発政策の展開と今後の方向
第2章 観光の現状と振興課題
第3章 新規学卒労働市場の構造変化
第4章 将来推計人口にみる高齢化
第5章 人口からみた「熊本都市圏」と交通
第6章 熊本市都心部の交通と街づくり
第7章 県下市町村の財政状況
第8章 チッソ金融支援の過去・現在・未来
第9章 水俣病問題をめぐる市民意識の変遷と今後