書籍詳細:解説 児童買春・児童ポルノ処罰法

解説 児童買春・児童ポルノ処罰法

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,620円(本体価格 1,500円)
在庫なし
発刊年月
1999.12
旧ISBN
4-535-51216-7
ISBN
978-4-535-51216-0
判型
A5判
ページ数
116ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

いわゆる「児童買春・児童ポルノ処罰法」は、従来の性に関する保護法益論とは異なる出発点に立脚している。そのことの意義と課題、問題点を都道府県条例との関連もふまえ、逐条解説を通じて詳細に分析する。

目次

Part1 総説
 1 本法の概要
 2 本法制定の背景
Part2 逐条解説
 第1条 目的
 第2条 定義
 第3条 適用上の注意
 第4条 児童買春
 第5条 児童買春周旋
 第6条 児童買春勧誘
 第7条 児童ポルノ頒布等
 第8条 児童買春等目的人身売買等
 第9条 児童の年齢の知情
 第10条 国民の国外犯
 第11条 両罰規定
 第12条 捜査及び公判における配慮等
 第13条 記事等の掲載等の禁止
 第14条 教育、啓発及び調査研究
 第15条 心身に有害な影響を受けた児童の保護
 第16条 心身に有害な影響を受けた児童の保護のための体制の整備
 第17条 国際協力の推進
Part3 資料
 1 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律
 2 関連条文(抜粋)
 3 都道府県条例(抜粋)
 4 法律案