書籍詳細:マニラ

シリーズ:アジアの大都市

政情不安の中でマニラは再生するか マニラ

の画像の画像
  • 大阪市立大学経済研究所
  • 監修
  • 中西 徹
  • 小玉 徹
  • 新津 晃一
  • 紙の書籍
定価:税込 4,104円(本体価格 3,800円)
在庫なし
発刊年月
2001.03
旧ISBN
4-535-55146-4
ISBN
978-4-535-55146-6
判型
A5判
ページ数
296ページ
Cコード
C3033
ジャンル

内容紹介

歪んだ都市化が進行したマニラ首都圏の複雑多岐にわたる都市問題を多様な分野の人文社会科学者が現場を踏まえて論じる。グローバリゼーションの中での首座都市の発展過程と都市政治を取り巻く社会経済環境がその共通の視点。

目次

序 章 都市化の政治経済学

第1部 都市化過程と社会変容

 1スペイン植民都市マニラの形成と発展

 2フィリピンの都市と農村

 3都市化と貧困

 4都市貧困層の変容

第2部 経済発展と都市開発

 5マニラ首都圏周辺の工業団地

 6首都圏・カラバルソンの開発と財閥

 7交通政策の課題

第3部 都市政治と住民

 8政治社会の連続性と変容

 9都市中間層のコミュニティと地方自治

 10 スクオッターと都市社会運動