書籍詳細:子ども臨床

子ども臨床 21世紀に向けて

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 2,052円(本体価格 1,900円)
在庫なし
発刊年月
2001.03
旧ISBN
4-535-56160-5
ISBN
978-4-535-56160-1
判型
四六判
ページ数
212ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

「青い鳥症候群」や「不登校」の名付け親でもある著者は、日本の児童・青年精神科臨床をその草創期から現在に至るまで見つめてきた。子ども臨床は、このままでいいのか? 21世紀の子どもたちにおくる渾身のメッセージ。

目次

第一章 二一世紀の子どもたちへ
第二章 被虐待児を治療するということ
第三章 予防精神医学からみた不登校
第四章 子どもの自殺
挿 話 被災した人たちから教わること
第五章 災害と子どものストレス障害
第六章 子どもに病気の説明を行うこと
第七章 発達という視点で子どもを見る
第八章 児童精神医学の現況
付 録 日本こども精神保健史年表