書籍詳細:サイバーリテラシー

『インターネット術語集』の著者が贈る、IT社会を生きる知恵 サイバーリテラシー IT社会と「個」の挑戦

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,512円(本体価格 1,400円)
在庫なし
発刊年月
2001.03
旧ISBN
4-535-58297-1
ISBN
978-4-535-58297-2
判型
四六判
ページ数
264ページ
Cコード
C33

内容紹介

インターネットの周囲でいま、何が起きているのか。その現状をレポートし、ネット世界に投げ出された人びとの困惑を鋭く分析。『インターネット術語集』の著者が、IT社会に生きる知恵(サイバーリテラシー)を説く。

目次

●目次
1.解き放たれた「個」を取り巻く環境
 1ケータイ、ブロードバンド化、常時接続
 2個人が直接、情報交換できる時代
 3位置ビジネスと国際的な電子監視体制
 4デジタル化が意味するもの
 5ICANN理事選挙の教訓
2.膨張するサイバースペースとインターネット発達史
 1サイバースペースの誕生
 2サイバースペースの時間と空間
 3上からの政策と下からの盛り上がり
 4吹き荒れるIT革命の嵐
3.メディアとしてのインターネット
 1融通無碍
 2シームレス
 3インタラクティブ
 4解体と再構成
 5危うさとはかなさ
 6フリーということ
4.サイバースペースとメディア
 1BS放送開始は多メディア時代の序幕
 2「表現の自由」とジャーナリズム
 3変容する「表現の自由」の担い手
 4メディアと思考
5.「ニッポン・イントラネット」の試練
 1世界同時革命と日本的特性
 2「個」再生への道